平地さとこの御挨拶

こんにちは。平地さとこです。まずは御挨拶として、私の中野区に対する思いを伝えさせてください。

 私は、中野区でとても楽しい幼少期を過ごしました。小学生の頃は学校からランドセルを背負ったまま友達の家に行き、おやつを食べ、塾へ行くような日々でした。どんなに辛いことがあっても近所の人たちが励ましてくれる、そんな暖かい地域の中で育ちました。
 私を育ててくれた街に恩返ししよう!と一念発起しました。その時に恩師から言われた「経済は人を幸せにする学問である」という言葉に胸を撃たれ、学校の門を叩きました。その中で、どんな中野にしていくべきなのかというものを私なりに考え続けました。

しかし、自分の頭の中だけで想像して考えるだけでは限界があります。様々な生活の角度から見える様々なものは、実際に区民の皆様から話を聞かなければ分からないということに思い至りました。

  それに気がついてから現在に至るまでの半年間、私はフィールドワークを行い、実際に足を運んで区民の方々からお話を聞いてまわりました。
  実際に得られた意見は非常に多岐に渡るものでした。皆それぞれが送っている生活の数だけ、中野区に必要なものがありました。

以下の10個の項目は、その多数の意見の中でも特に多かったものをまとめたものです。もしかしたら、このページをご覧になっている方にも当てはまることがあるかもしれません。

フィールドワークで聞きました!中野を良くする10の意見!

皆様から沢山の意見をいただくことが出来ました。その中でも特に共通することが多かったのが以下の10個です。

①街灯・防犯カメラの増設
②給食費の補助
③災害の際に、ペットが取り残されないような防災対策
④ペットに区民票を付与、避妊をもっと受けやすく
⑤デイケアサービスを充実させ、介護する側の人々の負担を軽減
⑥繋がりやすいフリーWiFiの増設
⑦コミュニティバスの増発
⑧町内の美化活動の為のコミュニティ作り
⑨徹底的な分煙!タバコを吸う人も吸わない人も過ごしやすい街へ!
⑩きょうだいで同じ保育園に入園出来る制度の整備

↓       ↓        ↓        ↓        ↓

これらの意見を議案としてまとめ、実現する為に全力で頑張ります!!

区民の意見に平地が答えます!

①街灯・防犯カメラの増設

街灯のLED化等が進み、中野の街の夜道も少しずつ明るくなってきました。しかし、整備が進んでいない部分の夜道はまだまだ暗いままです。街の明るさは治安に直結します。暗い夜道が明るくなれば、それだけで街の治安を向上させることができます。
  防犯カメラも同じく、整備が隅々まで行われれば、それだけで犯罪率の低減に直結します。明るく平和な街づくりを目指して、平地さと子は走ります!


②給食費の補助

  子ども達に美味しい給食を食べさせてあげたい!!食育は美味しいご飯から!!という意見を頂きました。
  特に小中学生の子ども達にとっては、給食は学校生活に大きく深く関わってくるもののひとつとも言えます。かくいう私も子どもの時、午前中の授業は給食が楽しみで仕方ない生徒でした。教育の質をどのように向上させるかということに関しては様々な議論があります。子供たちとの直接の関わりが深い給食もそのひとつです。
  その給食をより良いものにするために、平地さと子は区からの給食費の補助を目指します!

③災害時にペットが取り残されない防災対策を!

  地震等の大きな災害が発生した時には、取り残される人がなく、被災のダメージを最小限に食い止められるようにしなければいけません。それはペットも例外ではありません。飼い主にとってはペットちゃんも大事な家族です。私も2匹のワンちゃんを飼っていますが、災害の際にこの子達を置いて逃げるなんて考えられません!文字通り、家族全員が無事に避難できる防災対策を作っていきます!


④ペットに区民票を交付!避妊をより受けやすく!

ペットを新しい家族として迎え入れ、地域の一員としてゆくにあたっては、避妊を初めとした様々な準備をする必要があります。区民票を交付することで、区が主導で行う様々な細かいケアを受けやすくなります。ペットの安心安全は、飼い主の皆様の安心安全に繋がります。よりきめ細かく、より確実で、より受けやすいペットの子達へのサービス体制を確立するために、平地は全力で頑張ります!


⑤介護する側の負担を軽減し、より介護がしやすい環境を!

介護は、介護する側の真心と愛情があって初めて成立するものです。しかし、真心と愛情を全力で注いでも、しんどい時はしんどくなってしまうものなのです。私自身、祖母の介護を通して、愛情に体力や気力が追いつかない辛さを経験しました。
  そんな時に支えになったのは、地域の皆様の暖かい目やお声がけでした。地域包括ケアより充実したものにし、介護する側の御家族の負荷を少しでも減らせるように、全力で頑張ります!

⑥繋がりやすいフリーWiFiの設置

  現在、中野駅北口のフリーWiFiは繋がりづらくなることが多くなっています。同時に、個人所有のポケットWiFiも繋がりにくくなることが多々あり、困惑しているという声も寄せられています。
  田中前区長の尽力もあり、現在の中野区の駅前は多くの学生やサラリーマンの方々が利用する場所となっています。喫茶店を利用した商談や資料作り、学生の課題等々、フリーWiFiやインターネットが繋がりやすい環境を求める声は多いです。目には見えない変化だけれど、この部分を改善し、中野駅前エリアで快適にインターネットを使えるようにすることで、もっと便利になります!
  区内の人も区外の人にも、もっと便利な中野区にするために平地は頑張ります!


⑦コミュニティバスの増発

  区内を結ぶコミュニティバスは現在も非常に便利なものであり、区民の皆様にも御愛用していただいています。しかし、その本数はまだ充分ではないという意見もあります。区民の皆様に愛され、便利な生活を形作るコミュニティバスを、もっと増設し、より気軽に使えるように改善致します!

⑧町内の美化活動の為のコミュニティ作り

  ゴミが落ちていない街は、それだけで気持ちのいいものです。しかし、ただ気持ちいいだけではありません。ゴミ拾いによる街のクリーン活動には、犯罪率を減らし、治安を良くする効果があります。ゴミ拾いは1人でやるよりも複数でやる方がより効果は大きく、また一人一人の負担を減らすこともできます。
  平地さと子は同じ街に住む同士でコミュニティを作り、あるいは既存のコミュニティでのゴミ拾い活動を推進します!

⑨徹底的な分煙!煙草を吸う人も吸わない人も過ごしやすい街に!
 
  禁煙化の流れが強くなっている昨今ですが、煙草を吸う人も吸わない人も、互いに迷惑をかけずに過ごせるに越したことはありません。煙草を吸えない人が、副流煙による健康被害を受けるようなことがあってはなりません。しかし、煙草を吸う人が喫煙の場所に困ることもあまり良くありません。間接的には路上喫煙に繋がり、街が汚くなったり健康被害を増やす原因にもなります。
  また、中野区としての収入の60億円のうち、約3分の1はたばこ税から賄われており、区の大事な柱になっているというポイントも見過ごせません。しかし、路上喫煙と健康被害の問題も避けて通るわけには行きません。
  徹底的な分煙を行うことが、これらの問題の解決に繋がります。例えば、表参道の駅前から青山通りに向かう道は、等間隔に公共の喫煙所が設置されており、吸殻が落ちていません。
  中野区は美味しい飲食店に非常に恵まれている場所です。副流煙に配慮した喫煙所を増設すると同時に、飲食店が喫煙可/不可を店先に表示できるようなバックアップもしていきます!

⑩きょうだいで同じ保育園に入園出来る制度の整備

現在、中野区ではきょうだいで同じ保育園に入園出来ることが保証されていません。現に、きょうだいで別々の保育園に入園することになり、送迎に非常に苦労されている子育てママからの声も上がっています。
 現状、最悪の場合はお子様の数だけ送迎に行かなければならない保育園の数が増える可能性があり、子育ての現場にいるママさん達にとっては非常に大きな問題になっています。また、きょうだい揃って同じ保育園で時間を過ごすことにより、同じ思い出を共有できます。家族で過ごすなら、共有出来る思い出はより多いに越したことはありません。
  平地さと子は、きょうだいで同じ保育園に入園できるように制度を整備し、子供たちに同じ思い出を提供し、子育てママの負担を減らすために全力で頑張ります!!

プロフィール&活動内容

平地さとこ後援会「チームひらち」連絡先

後援会へのお問い合わせはこちら!
Mail:satokohirachi1230@gmail.com
tel:090-2241-3105

powered by crayon(クレヨン)